この記事は約 2 分で読めます ( 約 1012 文字 )

せっかくモバイルWi-Fiルーターを契約したのに、繋がらない!という悲しい目に合わないためにも是非知っておいて損はない情報です。

普通は、2年間は解約できない契約が多いと思いますが、実は【初期契約解除制度】というのがあります。

例えば、わたしも使っている「BroadWiMAX」だと

契約開始日から12日以内に、Broadサポートセンターまでご連絡いただければ契約解除を行うことが出来ます。

申請期限 契約開始日から12日以内
※書面申請の場合は、契約開始日から12日以内に必着となります

請求金額 ・事務手数料
・機器損害金(期限内に端末返却が確認できなかった場合のみ)

つまり、12日以内なら事務手数料と端末機器返送料が必要だけど、契約を解除できるんです。

また、「とくとくBB」の場合は、20日以内ならキャンセルOK。(20日以内の違約金無料キャンセル適用の場合)
ただし、これには条件があって、

WiMAX2+をご利用の住所及びお申込み住所がUQ WiMAX 2+ピンポイントエリア判定で「○~△」「△」「×」の場合は、20日以内にキャンセルいただいても違約金の負担はいたしません。
弊社で負担をさせていただくのは、違約金の24,800円(税抜)のみであり、事務手数料・月額利用料・クレードル代金・WiMAX端末返送料のご返金などはございません。月額料金は1ヶ月分発生いたします。
適用には条件があります。条件を満たさない場合は、20日以内にキャンセルいただいても適用外となりますのでご注意ください。

これ、事前に契約住所のピンポイントエリア判定で「○」の場合のみ適用。それ以外はダメなので注意が必要です。

BroadWiMAXと同じく初期契約解除もありますが、こちらは端末着荷から8日以内に返却する必要があります。この場合も、事務手数料3,000円(税抜)と端末返送料は必要。

初期契約解除についてまとめると、BroadWiMAXは12日間、とくとくBBは8日間。
どちらも、事務手数料3,000円(税抜)と端末返送料は必要です。

ただ、これを知っているのと知らないのとでは大きな差があります。知らずに初期契約解除の日数を過ぎてしまうと、Wi-Fiが繋がらないのに泣く泣く2年間使い続けるか、高い違約金を払って途中解約するかになります。

端末機器が届いて「Wi-Fiが繋がらない!」と言う場合は、初期契約解除があることを覚えておくと良いですよ。

 

 

カテゴリー
タグ